PCCC配管の改修のために再調査

TODAY POST #6

PCCC配管の改修のために再調査

Binh Duong省で築15年目の工場の消防配管を改修するための再調査です。 4年前から水漏れが始まってトラブルがおこった箇所の応急措置を続けてきました。 しかし補修しても次々に他の箇所で漏水やバルブの損傷が続き、全面交換止むなしとなりました。

thisisengineering-raeng-Q5QGrkLq4rA-unsplash

More About Another Posts

christopher-gower-vjMgqUkS8q8-unsplash

故障箇所の交換で対応してきたため、交換する箇所の判定が難しく担当者の苦労が続いています。 海外事業所の場合は、国内と違って施設のメンテナンスの予算がないため補修費は経費をやりくりして対応しています。

今回のように、全面的な改修となると予算も大きくなってしまいますが致し方ありません。 今は問題が起こっていないのでしばらくの間はなんとかなるだろう、と思いたくなる駐在員の心は分かります。 が、事故は必ず起こるので駐在員の「ババ抜き」ゲームに見ているようです。

私たちは、本社と社員の板挟みの彼らに寄り添い粘り強く安全を追求していきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is registered on wpml.org as a development site.